2020年6月28日日曜日

新Microsoft Edgeに閲覧履歴を残さない(自動削除)設定

新しいMicrosoft Edgeでも標準で閲覧履歴を残さないように設定することができます。インターネット広告表示などに閲覧履歴を利用されたくない方には、Microsoft Edgeの閲覧履歴の自動削除をお薦めします。

Microsoft Edgeの画面右上にある「・・・(設定など)」→「設定」をクリックします。
プライバシーとサービス」→「ブラウザーを閉じるたびにクリアするデータを選択する」をクリックします。
閲覧の履歴」をONにします。それ以外の項目は、セキュリティと使い勝手のバランスを考えて選びましょう。
Cookieおよびその他のサイトデータ」はサイトのログインに関わるため、ONにすると使い勝手に影響します。「ダウンロードの履歴」や「キャッシュされた画像とファイル」などはONにしても使い勝手にあまり影響しないでしょう。

余談

Google Chromeは閲覧履歴を広告表示に利用するため、閲覧履歴を自動削除する機能がありません。

0 件のコメント:

コメントを投稿