2018年12月31日月曜日

Windows7でファイルを消そうとしてもリサイクル中のまま削除できない

Windows7でファイルを消そうとしてもリサイクル中のまま削除できないというトラブルがありました。
このトラブルは、画像ファイルや動画ファイルの場合、Windowsがそのサムネイル(縮小版アイコン)の生成に失敗して、サムネイル(縮小版)が壊れていることが原因かもしれません。このファイルを右クリックして「プロパティ」を見ようとしても、プロパティが表示されなければ、その可能性が高いです。

2018年12月15日土曜日

Outlookでよく使う絵文字に変換するショートカットを割り当てるには

Outlookのメールで :) と打つと😊(スマイリー)に、;) と打つと😉(ウィンク)に変換されます。Outlookではこれら以外の絵文字に変換するショートカットも割り当てられます。

2018年12月1日土曜日

Googleアカウントを残したままGoogle+(プラス)のデータだけ削除するには

Google+(プラス)にデータ漏洩のバグがあったことが発表されました。Googleは2019年にGoogle+を閉鎖してGoogle+のデータを削除するとのことですが、セキュリティが心配なら、Googleアカウントを残したままGoogle+だけ削除しましょう。

Google+にアクセスして、左側のメニューの「設定」をクリックします。右側の設定画面を一番下までスクロールして「Google+プロフィールを削除」をクリックします。
画面下部の「必須:はい。Google+プロフィール削除すると後で元に戻すことはできず、削除したデータは復元することができないことを理解しました。」のチェックボックスに✔(チェック)を入れて「削除」をクリックします。

2018年11月3日土曜日

Wordでスペルチェック言語の設定を変更したいときは

Word 2016で英文のスペルが合っているのに、スペルミスを指摘する赤波線だらけになって目障りなことがあります。これは、そのファイルのスペルチェック言語が別の言語の設定されているためです。

Wordはファイルごとにスペルチェックの言語を設定することができるため、そのような場合は、そのWordファイルのスペルチェック言語を英語に変更すれば、余計な赤波線を一掃することができます。

校閲」メニュー→「言語」→「校正言語の設定」を開きます。
「言語の選択」画面で、そのWordファイルのスペルチェック言語が何語になっているのかわかります。
正しいスペルチェック言語を選び直して、「OK」をクリックします。

2018年10月6日土曜日

Wordで一部のコメントしか表示されないときは

Word 2016で一部のコメントしか表示されず、社内向けのコメントが残ったWordファイルを危うく顧客に送ってしまいそうになったことがありました。

すべてのコメントを見逃さないようにするには、「校閲」タブを開いて、以下の2点を確認しましょう。

  1. 表示対象のサブメニュー:「すべての変更履歴/コメント
  2. 「変更履歴とコメントの表示」サブメニュー:「コメント」に✔(チェック)がついていることを確認して、「吹き出し」を「コメント/書式のみ吹き出しに表示」に

コメントが必ず吹き出しに出るようにしておくのがポイントです。

2018年9月15日土曜日

Wordでコメントや校閲(変更履歴)の作成者の名前が表示されないときは

Word 2016でコメントや校閲(変更履歴)の作成者の名前が表示されず、他の人のコメントや校閲もすべて同じ色で表示されてしまうことがありました。

この現象は、Wordファイルに個人情報削除の設定がされている場合に起きます。誰が書いたコメントや校閲なのかわかるようにしておきたいときには、個人情報削除の設定を解除しておきましょう。

Wordの「ファイル」メニューから「オプション」→「セキュリティセンター」→「セキュリティセンターの設定」をクリックします。
プライバシーオプション」→「ファイルを保存するときにファイルのプロパティから個人情報を削除する」の✔(チェック)を外して、「OK」をクリックします。
ここでファイルを保存すると、それ以降のコメントや校閲には名前が記録されます。

なお、上記の設定変更前に書かれたコメントや校閲の名前を復元することはできません

2018年9月1日土曜日

WindowsでZIPファイルを解凍(展開)すると日本語ファイル名が文字化けする

WindowsでZIPファイルを解凍(展開)すると日本語ファイル名が文字化けするときは、Windowsの地域設定が日本になっていない可能性があります。

Windows7の場合

スタート」メニュー→「コントロールパネル」→「地域と言語」を開きます。

管理」タブを開いて「Unicode対応でないプログラムの現在の言語」が「日本語(日本)」になっていなければ、「システムロケールの変更(C)...」をクリックして、「日本語(日本)」を選んで「OK」をクリックします。

2018年8月18日土曜日

iPhoneにWPS Officeを入れてストレージ容量節約

iPhone用のMicrosoft Office互換アプリとしてWPS Officeを愛用しています。理由は、「容量が小さく、接続できるオンラインストレージが多い」ことにあります。

Dropbox、Googleドライブ、OneDriveなどオンラインストレージを併用している場合、iPhoneに各アプリを入れる代わりに、WPS Officeアプリを入れておけば、両方のファイルを読み出すことができて、iPhoneのストレージ容量を節約できます。

また、Microsoft Word, Excel, PowerPointの3本を入れる代わりに、WPS Office1本にまとめれば、同様にiPhoneのストレージ容量を節約できます。

例えば、WPS OfficeアプリをGoogleドライブに接続する場合、下記のように設定します。

WPS OfficeアプリをGoogleドライブに接続

WPS Officeアプリを開いて、「クラウド」→Google Driveボタンをタップします。
Googleドライブのメールアドレス(Gmailアドレス)を入力して、「次へ」をタップします。
Googleアカウント(Gmailアドレス)パスワードを入力して、「次へ」をタップします。

2018年8月4日土曜日

iPhoneでQRコードを読み取れない(読み取りできない)

iOS11から標準のカメラアプリでQRコードが読み取れるようになりました。iPhoneのOSがiOS11なのに、カメラアプリからQRコードを読み取れない場合は、設定を確めましょう。

設定」アプリを開いて「カメラ」をタップします。
QRコードをスキャン」がONになっていなければ、タップしてONにします。
それでもQRコードの読み取りができない場合には、別のアプリから読み取ってみましょう。

QRコードの読み取りのためだけに専用のアプリを入れたくない」という人におすすめなのが、Google Chromeです。Chromeアプリには、暗くてQRコードが読み取れない場合にライトを光らせて読み取りやすくしてくれる機能があります。

iPhoneでChromeアプリを開いたら、アドレスバーをタップします。ソフトウェアキーボードの上の方に表示される「QRコード読み取りボタン」をタップします。
カメラが起動したら、QRコードに合わせます。
光が足りないと読み取りができないままになります。その場合は、右下のフラッシュボタンをタップします。
ライトが光ると、QRコードを読み取ってくれます。

2018年7月21日土曜日

Bloggerの各記事にFacebookいいね(Like)ボタンを設置

Bloggerで各記事にリンクするようにFacebookいいね!(Like)ボタンを設置するには、HTMLの編集が必要です。この作業を始める前に、Bloggerの管理画面の「テーマ」→「バックアップ/復元」→「テーマをダウンロード」でテンプレートをバックアップしておくことをお薦めします。

Facebookいいね!(Like)ボタンのページにアクセスします。「いいね!」するURLに、いいね!ボタンをつけたいブログのURLを入れます。シェアボタンが要らなければ、「シェアボタンを追加」の✔(チェック)を外します。その他の項目は必要に応じて設定し、「コードを取得」をクリックします。
アプリIDを設定していれば、適切なアプリIDに切り替えます。Step2のコードをコピーします。(Step3が終わるまで画面を開いたままに!)
ブラウザの新しいタブ(または新しいウィンドウ)でBloggerの管理画面にアクセスして、「レイアウト」を開きます。できるだけ上側にある「+ガジェットを追加」をクリックします。
HTML/JavaScriptの「」ボタンをクリックします。
タイトルは空欄のまま、コンテンツに先ほどのStep2のタグを貼り付けて、「保存」します。
配置を保存」をクリックします。

再びFacebookいいね!(Like)ボタンのページにアクセスします。Step3のコードをコピーします。
メモ帳などのテキストエディタを開いて、コードを貼り付けて、Blogger用に修正します。
  1. すべてのダブルクォーテーションマークをシングルクォーテーションマークに置換
  2. data-href="https://ブログのURL/"を expr:data-href='data:post.url.canonical'に修正
修正したコードをコピーします。上記の修正が難しければ、以下のコードをお使いください。
<div class='fb-like' data-action='like' data-layout='standard' data-share='false' data-show-faces='true' data-size='small' expr:data-href='data:post.url.canonical'/>
ただし、2018年時点のコードのため、以後のFacebookの仕様変更で使えなくなる可能性があることはご了承ください。

Bloggerの管理画面に戻ります。「テーマ」→「HTMLの編集」をクリックします。

HTML欄をクリックして、CTRL+FキーでSearchを出し、post-footerを検索します。<div class='post-footer'>の直後で改行して、Step3の修正コードを貼り付けます。
<div class='post-footer'>がもう1箇所あります。再びpost-footerを検索して、もう1つの<div class='post-footer'>の直後で改行して、Step3の修正コードを貼り付けます。
最後に「テーマを保存」→「戻る」をクリックします。ブログを表示して、いいね!ボタンがついていることを確認しましょう。(モバイル画面では、いいね!ボタンが現れません。)

参考

2018年7月7日土曜日

音声ファイルを分割(カット・トリミング)するAudio Trimmerの使い方

セミナーや議事録などの音声ファイルを部分的に切り出したいとき、無料で使えるオンラインツールAudio Trimmerが便利です。

Audio Trimmerにアクセスして「ファイルを選択」をクリックして音声ファイルを指定して、Uploadボタンをクリックします。
切り出したいタイミングの秒数をCrop fromtoに入力して、Cropボタンをクリックします。
上記のように、音声ファイルの1分40秒(100秒)時点から3分20秒(200秒)時点までを分割する場合には、Crop fromに100、toに200と入力してCropボタンをクリックします。

Download your fileと表示されたら、Downloadボタンをクリックします。
ブラウザのダウンロード先に指定されているフォルダに、トリミングされた音声ファイルがダウンロードされます。
Windowsのデフォルトでは「ダウンロード」フォルダにダウンロードされます。

PCとスマートフォンの両方にDropboxなどのオンラインストレージ・アプリが入っていれば、そこに音声ファイルを入れてスマートフォンに取り込んで聞くことができます。

2018年6月16日土曜日

BloggerのブログをBing Webマスターツールに登録するには

BloggerのブログをBing Webマスターツールに登録するには、Bing Webマスターツールで<meta>タグをコピーして、Bloggerの管理画面でテーマに貼り付けます。

Bing Webマスターツールにログインして、サイトのURLを入力して「追加」ボタンをクリックします。
サイトマップの追加」にsitemap.xmlのURLを入力して、「追加」ボタンをクリックします。
オプション2の<meta name="msvalidate01"で始まる部分のタグをコピーします。
Bloggerにログインして、「テーマ」→「HTMLの編集」をクリックします。
<head>から</head>の間の任意の場所で改行しておいてから、タグを貼り付けます。
テーマを保存」をクリックします。
Bing Webマスターツールに戻って、「確認」ボタンをクリックします。以上で登録完了です。

2018年6月2日土曜日

YouTubeから音声をMP3でダウンロードしてiTunesに取り込むには

PCでYouTubeからオーディオブックの音声(MP3)をダウンロードしてiTunesに取り込むには、FireFoxconvert2mp3.netアドオンが便利です。このアドオンは、Google Chromeにはありません。

アドオンのインストール

FireFoxconvert2mp3.netアドオンのページを開いて、「+FireFoxに追加」をクリックします。
追加」をクリックします。
[OK]をクリックします。
FireFoxを再起動します。

YouTubeから音声をMP3に変換・ダウンロード

FireFoxでYouTubeにアクセスして、音声をダウンロードしたいページを開きます。画面の左下の[Download MP3]ボタンを開きます。
ブラウザの新しいタブが開いて、動画変換用のページが開きます。
変換が完了すると、MP3 Tagsが表示されます。[edit]ボタンをクリックして、作者、作品名を、[+advanced tags]をクリックして、アルバム名(オーディオブックの題名)を入力します。YouTubeのカバー画像を付けたい場合は、Coverにチェックを入れてから、[Continue]をクリックします。
Conversion finishedの画面が表示されたら、[Download]をクリックします。
ファイルを保存する」→「OK」をクリックします。
ファイルが大きくダウンロードに時間がかかる場合は、タスクバーのアプリケーションボタンの中にステータスバーが現れます。
ステータスバーが消えたら、PCの「ダウンロード」フォルダを確認しましょう。

音声ファイルをiTunesのオーディオブックに取り込む

ダウンロードしたファイルを、「C:\Users\ユーザー名\Music\iTunes\iTunes Media\iTunesに自動的に追加」フォルダに移動します。パスが異なる場合は、「iTunesに自動的に追加」フォルダを探して、そこに移動しましょう。
iTunesを起動してしばらく待つと、「今日」の欄に音声ファイルが登録されます。この画像を右クリックして「アルバムの情報」をクリックします。
オプション」タブをクリックして「メディアの種類」を「オーディオブック」に変えます。
詳細」タブをクリックして、必要に応じて「タイトル」「作者」などの情報を修正して、「OK」ボタンをクリックします。
これでiPhoneをPCにつないでファイルを転送すれば、iPhoneのiBookアプリでこのオーディオブックを聴けるようになります。