2018年12月31日月曜日

Windows7でファイルを消そうとしてもリサイクル中のまま削除できない

Windows7でファイルを消そうとしてもリサイクル中のまま削除できないというトラブルがありました。
このトラブルは、画像ファイルや動画ファイルの場合、Windowsがそのサムネイル(縮小版アイコン)の生成に失敗して、サムネイル(縮小版)が壊れていることが原因かもしれません。このファイルを右クリックして「プロパティ」を見ようとしても、プロパティが表示されなければ、その可能性が高いです。
スタート」メニューから「コントロールパネル」→「システム」をクリックします。
システムの詳細設定」をクリックします。
詳細設定」タブの「パフォーマンス」の「設定」をクリックします。
視覚効果」の「アイコンの代わりに縮小版を表示する」の✔(チェック)を外して、[OK]をクリックします。
Windowsを再起動します。再起動後に問題のファイルを削除してみましょう。

問題のファイルを削除したら、再び上記の設定に戻って、「視覚効果」の「アイコンの代わりに縮小版を表示する」の✔(チェック)を戻してもかまいません。

0 件のコメント:

コメントを投稿