2018年11月3日土曜日

Wordでスペルチェック言語の設定を変更したいときは

Word 2016で英文のスペルが合っているのに、スペルミスを指摘する赤波線だらけになって目障りなことがあります。これは、そのファイルのスペルチェック言語が別の言語の設定されているためです。

Wordはファイルごとにスペルチェックの言語を設定することができるため、そのような場合は、そのWordファイルのスペルチェック言語を英語に変更すれば、余計な赤波線を一掃することができます。

校閲」メニュー→「言語」→「校正言語の設定」を開きます。
「言語の選択」画面で、そのWordファイルのスペルチェック言語が何語になっているのかわかります。
正しいスペルチェック言語を選び直して、「OK」をクリックします。

0 件のコメント:

コメントを投稿