2015年9月26日土曜日

HandBrakeでDVDの動画をiPhoneで再生可能なMP4に変換

DVDの動画をiTunesに取り込んでiPhoneで見られるMP4に変換するには、HandBrakeをお薦めします。

HandBrakeのインストール

HandBrakeをダウンロードしたら、インストーラー(HandBrake-0.9.4jp-r2-Win_GUI.exe)を実行します。

HandBrakeの環境設定

HandBrakeをインストールしたら、予め使いやすいように環境設定しておきましょう。「ツール」→「オプション設定」をクリックします。
デフォルトの保存先の「選択」ボタンをクリックします。
保存先フォルダを選択して、[OK]ボタンをクリックします。
複数の字幕トラックが入っているDVDをMP4に変換する場合、どれか1つを選ぶ必要があります。予め日本語字幕を読み込むように設定するには、「音声/字幕」タブの「優先的に使用する言語」メニューで「日本語」を選んで、「閉じる」ボタンをクリックします。

HandBrakeの使い方

PCに入っている動画を変換する場合は、「ファイル」→「動画ファイル」をクリックします。
DVDの動画を変換する場合は、「ファイル」→「D:\VIDEO_TS (DVD_VIDEO)」をクリックします。
複数の音声トラックが入っている動画(例えば、「英語のオリジナル音声」と「日本語の吹き替え音声」)では、トラック1(オリジナル音声)だけが読み込まれるようになっています。別の音声(言語)を読み込みたい場合は、トラック1を選択して、「ソース」を別のものに変えます。
iPhoneに取り込む場合は、「プリセット」の[iPhone & iPod Touch]を選択してから、「変換開始」をクリックします。(詳しくは、上図をクリックして拡大表示)

私のAcer Aspire (Intel Core i3 + RAM8GB + HDD750GB + Windows 7) では、動画の再生時間よりやや短い程度の時間がかかります。

注意

コピープロテクトされているDVDには適用できません。

0 件のコメント:

コメントを投稿