2016年12月31日土曜日

放置していたmixiアカウントを削除

8~10年ぐらい前にmixi(ミクシィ)という国産SNSを使っていました。当時はスマートフォンのないガラケー全盛の頃で、SNSへのアクセス媒体はもちろんPCでした。

その後、Facebookが日本にも上陸し、APIによる機能拡張性の高さとスマートフォン対応の使い勝手のよさから、Facebookが私のメインSNSになりました。

たまたま年賀状シーズンになり、過去にいただいた年賀状を読み返していたら、「mixiでもよろしく」というコメントを見かけて、mixiのことを思い出しました。

長年放置していたmixiにアクセスしてみると、まるでタイムカプセル!8~10年前の日記に当時の出来事がつらつらと書かれているではありませんか!

とは言え、またmixiを使うことがあるかというと、まずなさそうです。SNSは個人情報を預けているようなものですから、もう使わないアカウントなら、潔く「断捨離」したほうがよいでしょう。

そこで、mixiアカウントを削除することにしたんですが、mixi側の引き止めっぷりが未練たらたらです。

mixiの退会画面で「退会手続きへ」ボタンを押してから先が長いんです。
退会アンケートに答えて「次へ」ボタンで完了かな・・・と思いきや、
「本当に退会しますか?」と念を押されます。「だから退会だってば」・・・と2度目の「次へ」ボタンを押しますが、
いまさらパスワードの入力を求められます。「ログインする時にパスワード入れてるのになんでよ?」・・・と3度目の「次へ」ボタンを押してみたところ、
さらに「本当によろしいですか?」と畳み掛けてきますが、ここでようやく「退会する」ボタンが出てきます。
「もうお願いだから退会させて」・・・と「退会する」ボタンを押したところで、ようやくアカウントが削除されます。

0 件のコメント:

コメントを投稿