2017年12月30日土曜日

英文作成に和英辞典代わりに便利なGoogle Chromeの英辞郎ボタン

英文を書くとき、和英辞典を引くのに時間を取られるのがストレスでした。Google Chromeに英辞郎 on the WEB拡張機能(英辞郎ボタン)を組み込んでおくと、紙の辞書や電子辞書よりも辞書引きがラクになります。

英辞郎ボタンをつけるには

Google ChromeでChromeウェブストアにアクセスします。Chromeウェブストアの検索窓に「英辞郎」と入力します。「英辞郎 on the WEB 拡張機能」の「+Chromeに追加」ボタンをクリックします。(アプリの「英辞郎 on the WEB Pro」と間違えないように
新しい拡張機能の確認」で「追加」をクリックします。
Google Chromeの設定」ボタンの左側の「英辞郎」ボタンをクリックします。英辞郎Proの広告が出たら、「次回から表示しない」にチェックして「閉じる」と、広告が出なくなります。
英辞郎」は、文例の寄せ集め的なウェブサイトです。公式な辞書ではないため、たまに誤記・誤訳があり要注意ですが、それでも例文の豊富さは魅力です。単に訳語を調べるのではなく、表現したいことのニュアンスや状況に近い例文を拾うのに使えます。

2017年12月16日土曜日

Skype for Businessで会議の招待状のデフォルト言語を英語表記に設定するには

以前にOutlook2013の予定表にSkype会議ボタンを追加する方法を載せました。ただし、デフォルトの設定では、招待状がシステムと同じ言語で表記されるため、招待状は日本語で表記されます。

海外の相手にSkype会議の招待状を出すことが多い場合は、Skype for Businessのデフォルト言語を英語表記に設定しましょう。

Skype for Businessで会議の招待状のデフォルト言語を英語表記に設定するには、Outlookの予定表を開いて、「会議」メニューの「会議オプション」を開きます。
招待の言語」→「会議の招待の言語を英語にする」にチェック(✔)して、「現在の設定を記憶する」をクリックします。

2017年12月2日土曜日

LinkedInスパム事故を防ぐiPhoneアプリの設定

LinkedInのiPhoneアプリは、iPhoneの連絡先(アドレス帳)を読み出して、LinkedInを使っている人に「つながり」を申請させようとすることがあります。

このぐらいなら他のSNSアプリにもよくあるパターンですが、LinkedInはさらにお節介です。iPhoneの連絡先からLinkedInを使っていない人に対して、「LinkedIn勧誘&つながり申請」のメールを送らせようとします。

これが世に言う「LinkedInスパム」です。LinkedInアプリをお使いの方は、誤って「LinkedInスパム」を送りつけないように、LinkedInアプリにiPhoneの連絡先を読み出されないように、iPhoneの設定を確認しましょう。

iPhoneの「設定」アプリの[LinkedIn]を開いて、「連絡先」のアクセスをOFFにします。