2019年7月21日日曜日

Acer Swiftを買ったら最初に確認しておきたいこと

Amazon仕様のAcer Swiftは、メーカーのウェブサイトの情報とは若干スペックに違いがあります。Amazon仕様のAcer Swiftを買ったら、以下の2点を確認しましょう。

1.WPS Officeの有無

メーカーのウェブサイトの情報では、Acer Swift 3にはWPS Officeが含まれていません。しかし、私が買ったAmazon仕様のAcer Swift 3にはWPS Officeが含まれていました。
Windows 10の検索窓に「wps」と入力して、アプリにWPS Writer, WPS Spreadsheets, WPS Presentationが表示されるか確認しましょう。

2.ファンクションキーの設定

Acer Swift 3はデザインもコストパフォーマンスも優れたPCですが、ファンクションキーがFnキーなしで明るさや音量のコントロールに割り当てられているのが難点です。Fnキーを押しながらでないと、日本語入力にF6~F10を使うことができません。これはかなり不便です。

通常の日本向けPCのように、ファンクションキーをFnキーなしで日本語入力に使えるように設定しておきましょう。

3.Microsoft Storeのピン留めを外す

これは単なる趣味の問題ですが、Microsoft Storeはそんなに頻繁に使うわけではないので、ピン留めを外して、よく使う他のアプリのために空けておいたほうがよいでしょう。

2019年7月7日日曜日

GIMPで画像の一部を円(〇)で囲む

このブログの画像処理には、Photoshop Elementsを使ってきました。ブログに使うレベルの画像処理ならフリーの画像加工ソフトGIMPで置き換えられそうです。

GIMPで画像の一部を円(〇)で囲む手順は、以下の通りです。

GIMPで画像を開いたら、まず円の描画色を選んでおきます。
楕円選択ツール」を選んでから、円で囲みたい部分を選択します。選択部分の上で、右クリックして「編集」→「選択範囲の境界線を描画」をクリックします。
線の幅」を指定して「ストローク」をクリックします。