2018年1月20日土曜日

iPhoneをiOS11にアップデートしたら内蔵辞書が使えない(消えた)

iPhoneでウェブサイトやメールを見ているとき、知らない単語が出てきたら、そこを長押しして「調べる」をタップすると内蔵辞書で簡単に単語の意味を調べることができます。

この機能は英文を読むことが多い私には欠かせない機能だったんですが、iPhoneをiOS11にアップデートしたら内蔵辞書が使えない状態になっていました。

iPhoneの内蔵辞書(調べる)が使えなくなったら、以下の方法で復旧できます。

設定」アプリ→「一般」→「辞書」を開いて、使いたい内蔵辞書をタップして✔マークをつけます。✔マークをつけると、いきなり辞書のダウンロードが始まります。通信料に課金されたくない場合は、WiFi環境で実行しましょう。
どういうわけかiOS11では、いつの間にか設定がクリアされる場合があります。開いているすべてのアプリを終了して、iPhoneを再起動しておきましょう。

開いているすべてのアプリを終了するには、ホームボタンをダブルタップして、そこに現れたアプリを上方向にスワイプして、一つ一つ消していきます。
iPhoneを再起動するには、電源ボタンを長押しして、「スライドで電源オフ」を右方向にスワイプして電源をいったん切ります。
10秒程度待ってから、電源ボタンを長押しして、電源を入れます。

2018年1月6日土曜日

McAfee DLP Outlook Addinを無効化してよいのか

以前にOutlook 2013で頻繁に「応答なし」が出て反応しない(動作が遅い)ときはアドインを減らすことをお薦めしました。

ウィルス対策にMcAfeeを導入している組織では、その中にMcAfee DLP Outlook Addinが含まれている場合があります。
McAfee DLP Outlook AddinのDLPとは、Data Loss Preventionの略で、情報漏えい対策を意味します。このアドインが入っていると、情報システム管理者が、特定の条件に応じて、転送、印刷、文面のコピー、スクリーンショットなどを制限することができるようになります。

そういう意図で使うアドインのため、情報システム管理者がこのアドインをユーザーが勝手に無効化できないように制限しているはずですが、もし無効化できるようなら、ユーザーとしてはOutlookの反応が悪くなるだけでメリットがありませんから、無効化してしまいましょう。