個人携帯電話に会社契約eSIMを設定してBYODするメリット・デメリット

個人携帯電話に会社契約のeSIMを設定して利用するBYOD (Bring Your Own Device)は、経費節減以外にも様々なメリットがあります。ここでは、社員個人、会社双方の立場から、会社契約eSIMによるBYODのメリット・デメリットをまとめます。

会社契約eSIMによるBYODのメリット・デメリット(社員個人)

個人携帯電話を会社契約eSIMでBYODすると、社員個人には以下のメリットがあります。

  • 個人用と会社用で2台持ちしなくてよくなる
    • 1台で2回線を使い分けられる
    • 通話回線は、電話をかける相手によって切り替えられる

その反面、以下の点はデメリットかもしれません。

  • eSIMの設定、業務用アプリなど会社指定の設定の手間やトラブル(初回だけ)
  • オフの日でも会社のメールやチャットが気になる
    • 2台持ちなら、オフの日に会社端末を見ないということもできる
  • 個人でも会社でも使うアプリはアカウントの切り替えが面倒
    • OneNoteは、アカウントを切り替えてもノートブックが切り替わらない(表示が変わらない)バグがある

会社契約eSIMによるBYODのメリット・デメリット(会社)

個人携帯電話を会社契約eSIMでBYODすると、会社には以下のメリットがあります。

  • 携帯電話端末を社員に支給しなくてよい
    • 端末の購入・管理・廃棄の手間やコストがかからない
  • 通話・通信料の管理・支払いは、端末を支給する場合と同じ
    • 通話回線は、電話をかける時に個人契約回線か会社契約回線かを選べる

その反面、以下のデメリットがあります。

  • 社員個人が機種変更するたびにeSIM発行手数料がかかる
  • 退職時にeSIMを止める手続きが必要(物理SIMのように返却できない)
  • データ通信回線は、個人契約回線か会社契約回線かのいずれかに設定する必要がある
    • アプリごとに回線を切り替えられないため、会社契約回線の個人利用をある程度は許容する必要がある
    • 例えば、会社契約回線が月間20GB契約の場合、20GBを超えた月に、個人利用と会社利用のどちらが大きかったのかを簡単に調べる方法がないため、通信量の社内ルールづくりが必要

BYOD導入における会社側の課題

BYODによる情報漏洩リスクを不安視するかもしれません。これは、Microsoft Intuneのような携帯端末向けの情報セキュリティシステムを導入しているかどうかの問題です。携帯端末向けの情報セキュリティシステムを導入していなければ、会社支給携帯電話でも個人携帯電話でもセキュリティレベルに違いはありません。

また、社内マニュアルは、会社が携帯電話を支給する場合と同じく、用意する必要があります。BYODでは、iPhoneユーザーもAndroidユーザーもいるでしょうから、その両方に対応することも必要でしょう。ただし、会社がiPhoneかAndroidのいずれかにしか対応していないアプリを業務に利用している場合は、BYODもいずれかにしか対応できません。

上記のような課題を踏まえても、会社契約eSIMによるBYODは、社員個人にも会社にもデメリットよりメリットが大きいでしょう。特に、会社が格安SIM業者と契約した上でのBYODは、コストメリットが顕著です。

コメントを投稿

0 コメント