Wordファイルサイズ(容量)が異常に大きい原因と減らす対策

Wordファイルのサイズが異常に大きくなる主な原因として、無駄に容量の大きな画像を貼り付けていることがあります。

では、Wordファイルの中から容量の大きい画像をどうしたら探し出せて、容量を減らせるのでしょうか。試行錯誤の結果、

  • Wordファイル上のどのような画像の容量が大きくなるのか
  • Word上の容量の大きい画像をどのように特定、抽出するのか
  • どのように画像を加工して、Wordファイルに貼り戻すのか

がわかったので、その方法を紹介します。

Wordファイル上のどのような画像の容量が大きくなるのか

Wordファイル上で、容量が大きくなる画像には、以下の2つがあります。

  1. Word上で大幅に縮小して貼り付けられた高解像度の画像
  2. Word上でトリミングされた画像

#1は、Word上で倍率50%未満で貼り付けられている画像のことです。倍率50%で貼り付けられていたら、Word上で元の画像の25%に縮小表示している、つまり4倍の容量を無駄に使っていることになります。倍率20%なら、元の画像の4%に縮小表示、つまり25倍の容量を無駄に使っているということになります。

#2のトリミングとは、例えば、下図のような全身写真から顔周辺の必要な範囲を切り抜くことを指します。

ところが、Wordの「トリミング」とは、必要なところを切り抜いて不要なところを捨てるのではなく元の画像を維持したまま表示範囲を狭めるだけなのです。このため、Word上でトリミングすると、無駄にファイル容量が膨れ上がります。

Word上の容量の大きい画像をどのように特定、抽出するのか

Wordに容量の大きい画像を検索する機能はありません。しかし、WordからHTMLにエクスポートする機能を使えば、容量の大きい画像を特定、抽出することができます。

Wordの「ファイル」→「名前を付けて保存」→「Webページ」を選択して、保存します。

保存先に画像をエクスポートしたサブフォルダができます。Wordファイル名.files(下図では、samples.file)というフォルダ名になります。

次に、そのフォルダを開いて、「表示」→「詳細」をクリックします。

ファイルの並びを「サイズ」逆順▼にソートします。

これで、容量の大きい画像を特定、抽出することができました。容量の大きい画像から、加工してWordに貼り戻して保存していくと、Wordファイルの容量が劇的に減っていきます。

どのように画像を加工して、Wordファイルの容量を減らすのか

#1「Word上で大幅に縮小して貼り付けられた高解像度の画像」は、GIMPなどの画像加工ソフトで画像を縮小して貼り戻す必要があります。GIMPで画像を縮小する方法は、「証明写真を自宅で作成・印刷」のページの「縦横の長さ調整」をご覧ください。

#2「Word上でトリミングされた画像」は、Windowsの「フォト」アプリで加工できます。「フォト」アプリは、画像表示のWindows標準アプリです。Windowsをカスタマイズしていなければ、画像をダブルクリックすると自動的に立ち上がるのが、「フォト」アプリです。

Word上でトリミングされた画像」を加工するには、画像を「フォト」アプリで開きます。Word上でトリミングする前の元画像が表示されます。「画像編集」ボタンをクリックします。

トリミングする」をクリックして、必要な範囲を切り抜きます。

保存オプション」→「保存」をクリックします。これで、トリミング後の不要な範囲を削ぎ落として保存できます。

画像を右クリックして「コピー」をクリックします。

Wordに戻って、貼り換えたい画像を右クリックして、「図の変更」→「クリップボードから...」をクリックします。

表示範囲が元通りにならないときは、画像をクリックして表示される「トリミング」をクリックして、表示範囲を調整します。

以上の手順で、容量の大きい画像から順に加工してWordに貼り戻していくと、ファイル容量が劇的に減っていきます。下図は、加工前(samples)と加工後(samples2)のファイルサイズの比較です。

上記の方法で画像6点を加工しただけで、これほどの差になります。

補足

Wordと「フォト」でトリミングの意味が異なるので、再度、補足します。

  • Wordのトリミング:元画像を保持したまま、画像の表示範囲を狭めること
  • 「フォト」のトリミング:画像の表示範囲を切り抜いて、不要なところを切り捨てること

参考

コメントを投稿

0 コメント